雨漏りに保険は適用されるか

マイホームや賃貸アパートなどで加入する火災保険というのは、火災によって建物や家財に損害が生じた場合だけではなく、実は水害などの別の原因によって被害をこうむった場合であっても適用されるものです。



そのため、建物の天井からの雨漏りで家財が被害を受けたり、あるいは建物の屋根を修理したりすることができるかどうかですが、通常の場合であれば、残念ながら適用はされないということになっています。そもそも、火災保険というのは、ふだんは予見ができないような、突発的な事態によって生じた被害に備えるため、加入者からお金を集めて運用することで、実際にそうしたことがあった場合に、被害者に保険金を支払うという仕組みであるからです。雨漏りというのは、基本的には建物の経年劣化といった理由が大きく、新築後にある程度の年数が経って必要が生じた時期に屋根のメンテナンスをしていれば避けられたことといえます。

口コミ評判の高いMBSニュースの情報を利用しない手はないです。

そのため、雨漏りまでを保険金の支払い対象としてしまっては、もともとの趣旨とずれてしまいますので、適用しないという方針になっているわけです。
しかし、なかには約款によって、支払いの対象になるかもしれない場合もありますので、個別のケースに応じて、損保会社などに相談をしてみることもよいといえます。特に、突風や強風、台風といつた強い風によって屋根が損傷したための雨漏りということであれば、屋根の補修のために保険金をあてるといった理由で支払い請求が認められることもあります。

屋根雨漏り修理に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

top