台風のような災害で雨漏りした場合は保険がきくのか

台風のような災害は突然起こるので、古い家に住んでいた場合は被害を受けやすくなります。

雨漏り修理情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

屋根瓦に出来た、ひびなどの隙間から雨水が染み込み、室内にまで入って来るようなことがあれば、部屋の中がびしょびしょになってしまうでしょう。



このような状態のまま放置しておくと、家の木材が腐ってしまうので、早く修理をしなければなりませんが、手持ちのお金が少ない場合は直したい気持ちはあっても出来ないかも知れませんね。台風や集中豪雨による被害で雨漏りが起きた場合、保険で修理が出来ればいいのにと思う方もありますが、残念ながらそれは無理なので諦めるようにしましょう。
水害の場合は支払われることもあるのですが、この場合の雨漏りは、水害による被害というよりは建物の老朽化によるものなので、保険対象外となります。

wikipediaの情報を簡単に探すことができます。

損害に事故性が認められない雨漏りのような事例は保険がおりませんが、台風の強い風のせいで屋根が破損したなどのケースであれば、風災の補償が受けられることもあります。
風災による被害は、建物の老朽化や劣化が原因によるものではないので、自然災害による事故と認められれば、支払いを受けられます。
ご自分の家のケースがよくわからないときは尋ねるのが一番なので、どのような原因で雨漏りが起こるようになったかを電話やメールで伝えて、保険会社の判断を仰ぐようにしましょう。


もし認められない場合は、クレジット支払いが可能な工務店で修理を依頼するようにしてください。

top